あんくるはな 療養ライフハック!

療養生活・雑学・節約・婚活に役立つライフハック講座!

不安障害の特徴を解りやすく説明します【不安障害】【2021】

こんにちは、あんくるはなです。

 

 

今回は、

 

 

不安障害の特徴を解りやすく説明します

 

 

事についてお話したいと思います。

 

 

尚、この記事は

 

  • 抑うつ不安障害について知りたい方
  • 抑うつ不安障害がどういうものか解らない方
  • 抑うつ不安障害かもと疑ってる方

 

を対象に書いてます。

 

 

そうでない方も、参考になるかもしれないので、最後まで御一読くださいませ。

 

 

f:id:hanashill:20210225032640j:plain

 

    

 

 不安障害。不安症ってなに?

 

自分の正式病名は、抑うつ・不安障害というもの。

 

完全にうつ病ではないから、掃除は大仕事になるけど、炊事は嫌いではないので、そこそこ出来ます。(だから、時々レシピ記事書いたりも出来たりするわけです)

 

 

ただし、それ程好きでもない洗濯や掃除は重労働だったりします。

 

 

しかし、不安障害という病状がイマイチ解らなかったのも事実

 

 

なので、とりあえず引用してみました。

「病的な不安」は「正常な不安」と違って、理由がないのに生じる、あってもそれと不釣り合いに強い、原因がなくなってもいつまでも続く、などの特徴があります。

 

「正常な不安」が危険に備え、問題解決へ向かって行動を起こす原動力になるといった、人間にとって必要な側面をもっているのに対し、「病的な不安」は何らかの精神的・身体的な疾患の徴候である可能性があります

以上、みんなのメンタルヘルス総合サイトさんより引用しました。

www.mhlw.go.jp

 

 

しかし、これを読んでも理解出来なかった。

 

 

そしたら自立支援医療専用の診断書自立支援医療に関しては近日中に記事にします)に病状を記載する欄があって、これがかなり解りやすかった。

 

 

寧ろ、この引用文の数倍も解りやすかったので、ここからは自分のモラハラ談を含めて、なるべく解りやすく不安障害というものを説明していきます。

 

 

自分の場合の抑うつ不安障害

 

 

自分は、今通ってる病院に通う際に上手く病状を説明できる自信がありませんでした。

 

 

だから、その時初めてwordを使って自分の置かれてた境遇や、仕事を休んだ経緯を3ページ程の文章に書きあげました。

 

 

以下は、その文書からの抜粋です。

 

 

なるべく皆に伝わる様に書きますが、意味不明な所もあるかもしれないです。

 

 

そこは、了承してくださいね。

 

 

自分の受けたモラハラ

 

 

自分は、あんくるはなと名乗ってる程だから、世間一般で言う「Uncle=おじさん」です。

 

 

そのおじさんは、30年以上頑張って仕事をしてきました。

 

 

ただ、物覚えは良くなかったし、DJなんかしてた位だから夜遊びも凄かった。

 

 

いわゆる、素行不良だったわけです。

 

 

それが影響して、管理職にもつけずにいつまでも、平社員だったわけです。

 

 

平社員だけど、どこかで若い者には負けたくない気持ちがあったから、皆が嫌がる早朝出勤とかも買って出たりしてました。

 

 

しかし歳のせいもあって時々は、既定の時間に仕事が間に合わない事も多々。

 

 

そうすると、年齢が一回りも違う上司がこのように怒ってきます。

 

 

「ベテランなのに、何をしてるんですか?」

「ベテランなのに、こんな事も出来ないんですか?」

 

 

いわゆる、モラハラです。

 

 

しかも、30年以上働いてるんだから、辞めないだろうと思ってるのか、事あるごとに

「ベテランなんだから」をつけての言いたい放題。

 

 

正直、このベテランなんだからって言葉は、とても嫌いだった。

ベテラン、ベテラン、ベテラン、ベテラン!

 

 

まず、ここで気が狂いそうになりました。

 

 

そして、この上司はとても神経質な方でした。

 

 

製品を切り替える際に、少しでも汚れが残ってれば、20分は説教。

 

 

会社からしたら、異物混入になるから敏感になるのは解るんですけどね。

 

 

で、当然ここでもベテランという言葉が入って、人格全否定の怒られ方をするわけです

 

 

勿論、自分と同じ様な年齢の社員さんはいないから、話し相手もいない。

 

 

そうすれば、これがストレスと言う名の水になって、自分の体に溜まっていきます。

 

 

昨年末の時点では、自分の中に溜まっていった水=ストレスが溢れるのは、もう時間の問題でした。

 

 

事実、その半年前から睡眠障害は出ていましたからね。

 

 

不安障害も幾つもの原因が積み重なって起きる

 

 

直接の原因は、社長が見学に来た時に、今年入ったばかりの新人の仕事振りを見て誉めていった時に、上司が言った何気ない一言。

 

 

「本来は、ベテランのあなたがそうなるべきなんですよ。」

これが一番効いた。だって、何も悪い事してないのにベテラン全否定ですからね

 

 

 

この一言がトリガーになって、その日の朝に課長に

 

 

「もう限界です」

 

 

と言って現在療養中に至る訳です。

 

 

だから、不安障害とは?

 

これを言うと、ビックリするだろうけど今、この記事を書いてる時点で動悸が凄いんです。

 

 

不安障害の身体的特徴はこの3つ

 

  • 動悸が激しくなる
  • 胸が痛くなる
  • 首と肩に慢性的な痛みがある

 

これが、過去の事、将来の事、会社の事を考えると出てくるんです。

 

 

そうすると、堕ちた時の症状が出るのは時間の問題だったりするんです。

 ⇩⇩⇩⇩⇩ 

unclehana.com

 

 

 

 不安障害とは・・・要約

 

 

不安障害は、基本うつ病と症状が変わりません。

 

 

うつ病との、違いは全てが楽しいと思えなくなる訳ではないと言う事。

 

 

なので、炊事やこうやってブログを書いたりする事は、そんな苦にはなりません。

(寧ろ、堕ちた時の方がスラスラ書けるw)

 

 

ただし、人の言葉にはとても敏感です。

 

 

だから、現在も一人暮らしをして、なるべく傷つかない環境を自分から作ってる訳です。

 

 

例え、親でも不安障害は理解できないでしょう。

 

 

自分も、最近やっと何となくですが理解できた位なので。

 

 

しかも、何らかの形・・・例えば親から、些細な一言を受けると簡単に振り出しに戻ります。

 

 

その振り出しの第一のサインがお風呂が無理になります。

 



 最近では、夢の中でモラハラ上司が出てきただけで、振り出しに戻りました。

 

 

勿論、会社からの電話も恐怖だし、勇気を出して会社に電話した後も振り出しに戻りました。

 

 

要約すると、不安障害とは

 

 

  • 直接的な原因を思う
  • 過去の要因を振り返る
  • 将来の事を考える

 

直接的な原因=上司のモラハラから自分を遠ざけても、その事を思うだけで恐怖を覚える。

 

 

その恐怖は、著しく身体に表れる。これが、不安障害です。

 

 

 

不安障害は完治するのか?・・・まとめ

 

 

 恐らく完治はないでしょう。

 

 

ただし、うつ病と同じ様に寛解はあると思います。

 

 

治り方もうつ病の回復傾向に近いと思います。

f:id:hanashill:20210201201807j:plain

 

 

自分は、こういう精神疾患を抱えてしまった以上、以前の生活に戻れないと思ってます。

 

 

言い換えれば、新しい自分を作らないといけない。

 

 

それが、復職への恐怖を断ち切る唯一の方法=不安障害を和らげる事に繋がると思ってます。

 

 

勿論、散歩も投薬も大事ですが、一番大事なのは焦らず新しい自分を見つける事。

 

 

これは、不安障害に限らず、精神疾患から立ち直る方法なのかもしれません。

 

 

以上、なるべく解りやすいように不安障害について説明しました。

 

 

しかし、言葉足らずな部分もあるかもしれません。そこはご理解の程をお願いします。

 

最後に

今回も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 

為になったと思った方、はてなブックマークSNSで拡散してくれると嬉しいです。

 

 

特に、はてなブックマークが一番嬉しいです!

 

 

そして、よろしければ読者登録とこちらのバナーをクリックしてください。今後の励みになります。

⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

https://ping.blogmura.com/xmlrpc/pe3kn367my12/

 

 

ブログランキング参加してます。よろしければこちらもクリックお願いします。

鬱になったけど? そんな方の参考になれば幸いです - にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

それでは、また次回。以上、あんくるはなでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

html { scroll-behavior: smooth; } トップへ戻る TOP