はなはなブログ

ダイエット・フィットネス・朝ドラ・大河・アニメ・特撮について書いてます。週末はブログ運営記事。

大河ドラマ「青天を衝け」第16話感想と17話のみどころ【大河ドラマ】

枠線

f:id:hanashill:20210531075447p:plain

 

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

こんにちは、あんくるはなです。

今回は、

大河ドラマ「青天を衝け」第16話感想と17話のみどころ

についてお話したいと思います。

第16話は故郷には帰れない篤太夫と成一郎。そしてラスト15分と悲しすぎる回でした。

ラスト15分は涙なしでは見れないシーンでしたね。それでは、登場人物と第16話のあらすじから見ていきましょう。

 

この記事でわかる事
  1. 青天を衝け一橋家臣編の登場人物
  2. 青天を衝け第16話のあらすじと感想
  3. 青天を衝け第17話のあらすじとみどころ
  4. 青天を衝け一橋家臣編を最初から観る方法
 

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」が大好きの方は、最後までお付き合いくださいませ。

   

NHK大河ドラマ「青天を衝け」一橋家臣編の登場人物

青天を衝け一橋家臣編の登場人物は、コチラのサイトに詳しく書いてますので参考にしてください。

 

一橋家臣編の登場人物なんてバッチリってあなたは、次章に進んでください。

www.nhk.or.jp

 

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第16話のあらすじと感想 

まず青天を衝け第15話のあらすじから見ていきましょう。

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第16話のあらすじ

青天を衝け第15話のあらすじは、コチラの記事に書いてあります。

 

更に、15話がどんな話だったかを知る事が出来ます。

 

まず、こちらの記事を読んでから次章に進むと話が更に分かりやすくなりますよ。    

unclehana.com

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第16話感想  

 第16話は堤真一さん演じる平岡円四郎が主役とも言えるお話でした。

 

しかも、前回のあらすじを読んでる時点で死亡フラグがたっている!

 

なので、冒頭に偶然を装って篤太夫と成一郎の様子を見に行く「いい上司」ぶりが円四郎株を爆上げさせると同時に切なさMaxでした。

 

円四郎はメチャクチャいい上司だったんですねぇぇぇ。

 

円四郎と慶喜の主従関係はもう観れない

いつもは、無表情の慶喜(草彅剛さん)も、円四郎の前ではついつい笑顔に。

 

円四郎にだけ心を許してた慶喜だからこそ、あの独白は映えたのでしょう。

 

しかし、このツイートの様なシーンはもう観れない。

 

ラストが見えてたからとても悲しいシーンでした。

 

それにしても、今回は草薙慶喜さまのシーンは少なめなんですが、全てインパクトが強すぎました。 

 

合わせて読みたい

t.co

そして「青天を衝け」第16話クライマックス!円四郎の最期裏話

この第16話はラスト15分に集約されてると言っても構わない程の強烈な殉職シーンでした。

 

この最高の殉職シーンは、「円四郎が人生最高の時に死んだ」と思わせたい堤さんの意志もあって実現したそうです。

 

更に、この暗殺シーンは大森美香さんの脚本では「不穏な空気に」としか書かれてませんでした。

 

なので雨を降らせたのは、「草彅さんの涙を形として見せたくなかった」と演出サイドの粋な計らいだったようです。

 

ちなみに、このシーンは一発撮りだったそうですが改めて草彅さんの演技力に脱帽です。 

 

合わせて読みたい 

t.co

個人的には川村さまがカッコよすぎた青天を衝け第16話 

円四郎の暗殺を防ぐ事は出来なかったものの、その後の川村さまの行動が光る回でもありました。

 

円四郎を暗殺した水戸藩士を返り討ちにする川村さま(波岡一喜さん)の殺陣シーンは迫力満点。

 

顔に傷をつけながらも、水戸藩士を斬る波岡さんがとてもカッコよかったです。

 

ちなみに、史実でも川村さまはこの時に顔を傷を負う事になってます。

本当に涙なしでは観れないラストでした。次回から家康と一緒に出てきて欲しいです。

 本当にその通りですね。ただし、円四郎の暗殺はまだ篤太夫と成一郎には伝わってません。第17話はどうなるのか見ていきましょう。

  

大河ドラマ「青天を衝け」第17話のあらすじとみどころ 

まずは、第17話のあらすじから見ていきましょう。

大河ドラマ「青天を衝け」第17話あらすじ

 

円四郎(堤 真一)の命が奪われたことを江戸で知り、衝撃を受ける篤太夫(吉沢 亮)と成一郎(高良健吾)。

その時、京では慶喜(草彅 剛)が自ら指揮を執り、御所に迫る長州藩兵と戦っていた。

そこに、西郷吉之助(博多華丸)が薩摩藩兵を率いて加勢する。

集めた兵を引き連れて京に向かう篤太夫たち。その道中、岡部の代官・利根(酒向 芳)が現れる。

さらに、水戸では、耕雲斎(津田寛治)と小四郎(藤原季節)が率いる天狗党(てんぐとう)が、慶喜を頼って京を目指していた。 

引用元:青天を衝け公式サイト

 

大河ドラマ「青天を衝け」第17話のみどころ予想! 

次回は、史実にも存在する禁門の変~長州征伐が話の中心になりそうですね。

 

この長州征伐は、決して円四郎の弔いではなく勅命を下したのは朝廷

 

と言う事は、少しは感情を見せる草彅慶喜さまが観れるのではとワクワクします。

 

青天を衝け第17話では合戦シーンにも注目

 

このコロナ禍の状況での戦のシーンは撮るのも大変だったはず。

 

それは、前作の「麒麟が来る」の頃から言われてた事。

 

今回は、合戦シーンがどのように描かれるのかも楽しみにしておきましょう。

 

更に、あさイチおじさん」こと博多華丸さん演じる西郷隆盛も再登場。

 

あさイチとは違う目力全開の華丸さんがまた見れそうです。

 

コチラも楽しみの一つです。

 

そして、篤太夫はどうなる?

第16話では、帰郷を止められた篤太夫と成一郎ですが予告を見る限りでは千代(橋本愛さん)との再会を果たせるみたいです。

 

ただし、血洗島で会えるのかは微妙な所です。

 

第16話でも、千代や妹のてい(藤野涼子さん)が出てくるシーンが緊迫したシーンの多い中で清涼感を与えてくれてたのは事実。

 

次回も、緊迫したお話になりそうなので千代が出てくるシーンは清涼剤的なものになると思いたいです。

 

以上が第17回のみどころ予想でした。それでは、まとめです。

 

 

まとめ

本当に、このツイートの如く次回からは堤さんにべらんめえ口調で話をして欲しいよって思ったのは自分だけではないはず。

 

第16話は篤太夫と成一郎の出番も少なくなかった。寧ろ、多かった。

 

しかし、彼らのエピソードがどうでもよくなる位に円四郎のラストが鮮烈でインパクトが強かった。

 

そんなお話でした。第17話では円四郎は回想シーンでの出演はあるようなので、少しは救いがあるかな?

 

しかし、草薙慶喜さまとの掛け合いは観れるか微妙。

 

このロスは悲しすぎた・・・。以上、まとめにさせて頂きます。 

  

NHK大河ドラマ「青天を衝け」一橋家臣編を最初から観る方法 

NHK大河ドラマ「青天を衝け」は毎週土曜日13:00から再放送をしています。

 

しかし、一橋家臣編を最初から観たいとなるとNHKオンデマンドの加入が必要になります。

 

ただし、NHKオンデマンドNHKの番組しか観れません。

 

そこで、一押しなのがU-NEXTのNHKまるごと見放題パックです!

 

U-NEXTのNHK見放題パックを使えば、もう一度一橋家臣編を最初から視聴する事は可能ですよ。この画像をみてください

 

f:id:hanashill:20210502151918j:plain

 

 本ページの情報は21年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて ご確認ください。

 

U-NEXTの無料トライアルに申し込み後NHK見放題パックを選択すれば他では観れないこんなドラマも観れちゃいます。 


unclehana.com

unclehana.com

unclehana.com

unclehana.com

更に、U-NEXTの無料トライアルならNHK以外でもこれだけ観れます

f:id:hanashill:20210503071302j:plain

 

更に、この動画本数!

 

f:id:hanashill:20210502134905j:plain

NHK見放題パック以外にも楽しめるのがU-NEXTの特徴です。興味のある方はこちらの記事に登録方法を詳しく記載してあるので参照にしながら申し込んでみてください。 

unclehana.com

  

勿論、過去の朝ドラは観れますが加入した人にしかわからない男性には嬉しいシークレットがあるのがU-NEXTの特徴です。この機会に無料トライアルをお試しください。それでは、まとめです

 

 

  

 最後に

最後まで読んでくれてありがとうございます。

  

為になったと思った方、フォローお願いします。 

Twitterリンク:Twitter

  

ブログランキング参加してます。よろしければこちらもクリックお願いします。

鬱になったけど? そんな方の参考になれば幸いです - にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

  

それでは、また次回。以上、あんくるはなでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

html { scroll-behavior: smooth; } トップへ戻る TOP